現場から世界へ


各メーカーのノックダウン生産

を支えるシゴト

関東物流事業部 多摩工場
生産管理 小林舞子さん

小林舞子

入社の決め手は、
学生にも優しい職場の雰囲気でした

大学では国際学科で海外と関わりのある学科だったので、海外に工場の拠点があって駐在もできるというのが魅力でした。似ている条件の会社を数社希望していましたが、この会社に決めようと思ったのは、面接で会社を訪れた時に、学生の私にマブチの社員さんたちが挨拶をしてくれたからです。就職活動をしていても、先に挨拶をしてくれたところはありませんでした。人柄と職場の雰囲気の良さを感じ、自分もここの一員になりたいと思いました。

入社後もその印象は変わらず、多摩工場は人間関係がとても良かったです!入社後は現場の方に対して少し話しづらそうと感じていましたが、現場で毎日のように生産管理の相談などをしているうちに打ち解けて、お菓子やジュースをくれたり(笑)皆さん娘のようにかわいがってくれていますね!

お客様に寄り添えた時の喜び

現在は、多摩工場で行っている、エンジン梱包の現場への生産指示、材料の発注、在庫管理、梱包後、次の工程に届けるトラック便の手配などをしています。他にもメーカーさんが作った部品を工場へ届けるためのトラックの手配と運行管理も担当しています。また、多摩工場にはCKD梱包で使われた梱包用のパレットが海外から戻ってくるので、荷解きの補助と管理をしています。

とにかく最初は、部品の名前を言われてもピンとこなくて、納品スケジュールを把握せず、在庫管理ができず品物が作れないとか、今度は在庫を持ちすぎて注意されたりとか・・・。
でも、その度に現場の皆さんが助けてくれました。お客様への対応も同じで、はじめは、質問の意味すら分からずに、上司に聞いてそのまま伝書鳩のように伝えることが多かったですが、そのうち自分の経験で判断できるようになって、納期の相談にも応えられるようになった時は成長を感じて嬉しかったです。

※ノックダウン生産方式とは、他国や他企業で生産された製品の主要部品を輸入して、現地で組立・販売する方式。CKD梱包とは、そのための部品を現地に輸送するための梱包方法。

小林舞子

ONE DAY

一日のスケジュール

8:00-

始業

デバンニング、海外から戻ってきたパレットの処理

10:30-

エンジン梱包業務指示・現場への梱包指示

12:00-

休憩

13:00-

メーカーへの納品指示

現場で修理したパレットをメーカーの工場へ運ぶための指示書を作成

15:00-

在庫管理・作業管理

在庫の数量や修理状況を記録

16:55-

退社

小林舞子

海外勤務も
視野にいれた働き方をしていきたい

今後ですが、海外勤務も視野にいれたいと思っています。まだ、マブチでは女性が海外で駐在して働いていた例がありません。そこに前例を作りたいなと思っています。外国で働く大変さなどを実感して、日本に戻ってきたら、外国で働くマブチの社員のサポートができたらいいなと長い目で考えています。拠点が多い分、お互いに見えてない部分も多いと思うので、国内のこと、国外のことを共有して、見える化して、いいところを吸収し合える環境を作りたいですね。

INTERVIEW

社員紹介

v>

CONTACT

お問い合わせ